MailMail

TEL0120-527-257OPEN
10:00-19:00

Fritz Hansen

フリッツハンセンの家具買取はお任せください。

フリッツハンセンのイメージ

フリッツハンセンの家具買取いたします。

Fritz Hansen furniture purchase

fritzhansenのアイコン

フリッツハンセンの家具の買取は、北欧家具買取専門のハウリングユニティにお任せください。
フリッツハンセンの家具を買取するお店はいくつもありますが、
ハウリングユニティは北欧家具だけを取り扱ってきたので、
他店には負けないフリッツハンセンに関する知識や情報を持っています。

フリッツハンセンの家具の中でも特にアルネ・ヤコブセン、ポール・ケアホルム、
ハンス・J・ウェグナー、ピエロ・リッソーニの家具は高価買取になるケースが多いです。
特に家具の発表当初のモデルや入手困難なモデルは、高額買取になりますので、
是非、ハウリングユニティをご利用ください。

買取事例

Purchase example

T-NO.1(Individual table)テーブル

T-NO.1(Individual table)テーブル / トッド・ブレーチャー(Todd Bracher)
フリッツハンセンとトッド・ブレーチャーの作品、T-NO.1テーブルを買取いたしました。買取いたしましたテーブルは天板が浮いているように見えるデザインで、アルミのベースはスタイリッシュな印象を与えてくれます。写真はガラス天板ですが、ホワイトガラスやウッドの作品もあります。現在は廃盤になってしまったので、綺麗な状態のT-NO.1は貴重な作品になります。

クリックテーブル(Click table)

クリックテーブル(Click table) / エリック・マグヌッセン(Erik Magnussen)
エリック・マグヌッセンデザインのクリックテーブルを買取いたしました。買取いたしましたクリックシリーズは現在は製造されていない貴重な作品です。天板は丈夫なブナ材を使っていて、主にオフィスでのミーティングや会議で活躍しています。清潔感のあるホワイト塗装なので色んな雰囲気に溶け込みやすいです。適度な高さがあるので休憩室などで立ちながら談笑したり、一息つくのにも最適なテーブルです。

タンチェア(Tongue Chair)

タンチェア(Tongue Chair) / アルネ・ヤコブセン(Arne Jacobsen)
アルネ・ヤコブセンが1955年に制作したタンチェアを買取させて頂きました。買取させて頂きましたタンチェアは現行で販売されていない、貴重な作品です。アルネ・ヤコブセンの歴代の形成合板を使ったチェアの中で、唯一スタッキングができないチェアとしても有名です。発表から1985年では販売されていて、一部の小学校で導入もされていました。個性的なフォルムで、シンプルでありながら存在感のある作品です。

スワンチェア(SWAN)

スワンチェア(SWAN) / アルネ・ヤコブセン(Arne Jacobsen)
アルネ・ヤコブセンがデザインした、名作のスワンチェアを買取いたしました。買取したスワンチェアはフリッツハンセンとアルネ・ヤコブセンの作品の中でも、かなり有名な名作です。最初にデザインされたのは1958年で、SASロイヤルホテルのために作られたものが、今は一般販売されています。一番の特徴は直線のない丸っこいフォルムで、合成素材のシェルにフォームと張地で覆うシンプルな作りになっています。シンプルながら疲れを感じなくて、まさにロビーやレセプションエリアにピッタリの一脚です。

フロウ(FLOW)デスクチェア

フロウ(FLOW)デスクチェア / バークハート・フォクトヘル(Burkhard Vogtherr)
バークハート・フォクトヘルデザインのフロウ、オフィスチェア/デスクチェアを買取いたしました。バークハート・フォクトヘルはドイツ出身のデザイナーで、数多くのブランドで家具職人として携わっています。買取したフロウ デスクチェアは人間工学の知識を取り入れて、さらにスタイリッシュな見た目も融合させたチェアです。長い時間座っていても快適で、背中や腰、お尻が痛くなりにくいです。派手な装飾やデザインが入っていないので、オフィスにも最適です。

アナログテーブル(ANALOG table JH63)

アナログテーブル(ANALOG table JH63) / ハイメ・アジョン(Jaime Hayon)
ハイメ・アジョンデザインのモダンなデザインのテーブルを買取いたしました。買取したアナログテーブルは幅が185cmの奥行きが105cmの作品ですが、もう少しだけコンパクトな幅130cmの奥行105cmの作品もあります。(JH43)ホワイトラミネートにオークのベースで明るい雰囲気になっています。天板は他にウォールナットやオーク、ベースもウォールナットやブラックオークがあって、好きに組み合わせて注文できます。楕円型でも長方形でもない不思議な形の天板は、みんなのコミュニケーションをより良いものにしてくれます。

オックスフォードクラシック(OXFORD CLASSIC)

オックスフォードクラシック(OXFORD CLASSIC) / アルネ・ヤコブセン(Arne Jacobsen)
アルネ・ヤコブセンがデザインしたオックスフォードクラシック、アームチェアです。シートと背もたれが一枚で形成されたシンプルなデザインですが、お尻や腰、背中に沿うようにしっかりと計算されています。1965年に発表されてから現在でも人気の落ちないアームチェアで、イギリスのオックスフォードの教授に向けてデザインされたことから、この名前が付いています。フリッツハンセンを代表するアームチェアの一つでもあります。カラーはブラック一色で、ベースはサテン仕上げのアルミニウム製です。

スーパー楕円テーブル

スーパー楕円テーブル / ピート・ハイン(Piet Hein)&アルネ・ヤコブセン(Arne Jacobsen)&ブルーノ・マテソン(Bruno Mathsson)
2人のデザイナーと1人の数学者が協力して制作した、スーパー楕円テーブルを買取いたしました。3人の中のピート・ハインは数学者でありながら詩人でもあります。とあるロータリーの交通に関しての問題を解決する時に、ピート・ハインがこのバランスの取れた楕円形を思いつきました。ブルーノ・マテソンがスパンレッグ部分を、アルネ・ヤコブセンがスターベースのデザインを担当しました。スパンレッグテーブルとも呼ばれていて、楕円の他にも円形や長方形、正方形のものがあります。

スピンチェア(Spin Chiar)

スピンチェア(Spin Chiar) / バークハート・ フォクトヘル(Burkhard Vogtherr)
バークハート・ フォクトヘルがフリッツハンセンで制作した、スピンチェアを買取させて頂きました。スピンチェアはレッグやアーム、背もたれの高さなど色んな種類が作られていましたが、2007年に廃盤になってしまいました。生産終了ということで、今は手に入れたくてもなかなか手に入れられない、貴重なチェアです。現在は秀光という会社が、スピンチェアのカバリング裁縫のライセンスを持っていて、日本限定で生産をしています。スピンチェアは細身で座り心地も快適で、小回りがきくので、狭めの空間でも使いやすい万能なチェアです。

セブンチェア(Seven Chair)

セブンチェア(Seven Chair) / アルネ・ヤコブセン(Arne Jacobsen)
アルネ・ヤコブセンデザインのセブンチェアを買取させて頂きました。セブンチェアはアルネ・ヤコブセンの名作のアリンコチェアが元のデザインになっているそうです。とても軽やかな印象のチェアで、薄い板を重ねて、同時に曲げて加工してチェアの形にしています。スタッキングできるのもセブンチェアの魅力で、オフィスやお店で使わないときや、掃除する時にまとめられるので便利です。現在ではカラーバリエーションもかなり豊富で、ラッカー塗装のものから木材をそのままチェアにしたもの、キャスター付きや、バースツールも出ているので空間を統一しやすいです。

買取強化商品

Pickup Items

EGG™
エッグチェア
アルネ・ヤコブセン

エッグチェアはアルネ・ヤコブセンがSASロイヤルホテルのロビーに設置するために制作した作品です。座った人の身体をそっと包み込むようなデザインは、騒がしいロビーでも自分だけの空間を確保したかのような安心感を与えてくれます。

アルミニウムの4方向に延びるレッグは、深く座っても浅く座っても揺れない、安定感をキープしています。
また、ファブリックのものと、レザーのものでは雰囲気も大きく異なります。

エッグチェアはアルネ・ヤコブセンがSASロイヤルホテルのロビーに設置するために制作した作品です。座った人の身体をそっと包み込むようなデザインは、騒がしいロビーでも自分だけの空間を確保したかのような安心感を与えてくれます。

アルミニウムの4方向に延びるレッグは、深く座っても浅く座っても揺れない、安定感をキープしています。
また、ファブリックのものと、レザーのものでは雰囲気も大きく異なります。

買取品目一覧

Purchased item list

Series 7 セブンチェア

Series 7セブンチェア
曲線がとても美しいセブンチェアは、アントチェアの3年後に生まれました。フリッツハンセンのチェアの中でもベストセラーで、ブランドのアイコンとも言える存在です。家具に詳しくない人でも、セブンチェアをどこかで一回は見たことあるのではないでしょうか。

Ant アントチェア

Antアントチェア
1952年にアルネ・ヤコブセンによって生み出された名作チェアの一つです。チャールズ&レイ・イームズに影響を受けて制作したそうですが、イームズもできなかった一体形成型のチェアです。無駄なものを一切なくしたデザインで、3本脚も特徴です。現在では4本脚のものも発売されています。

Drop ドロップチェア

Dropドロップチェア
とても個性的で、コンパクトなチェアなのに一つあるだけで大きな存在感があります。元は1959年にアルネ・ヤコブセンがSASロイヤルホテルに置くために作りました。ホテルのために作られたドロップチェアはレザーに胴のレッグで、市販はされませんでした。

PK54 テーブル

PK54テーブル
ポール・ケアホルムデザインのPK54テーブルは置いた場所や、座った人数を問わない円形の天板が特徴です。天板はまるで記念碑などのような大理石柄で、5種類のカラーバリエーションがあります。石材や金属を進んで家具に使った、ポール・ケアホルムらしさを感じられるテーブルです。

Swan スワンチェア

Swanスワンチェア
アルネ・ヤコブセンデザインのスワンチェアは名前の通り、白鳥を連想させるフォルムになっています。硬質発泡ウレタンのシートはしっかりとした座り心地です。ファブリックのものと革張りのものがあります。曲線だけで構成されていて、直線が一切ないのもスワンチェアの特徴です。

Oxford オックスフォードチェア

Oxfordオックスフォードチェア
アルネ・ヤコブセンがイギリスのオックスフォードのセント・キャサリンズ・カレッジのために作った作品です。最初に作られた時はキャスターやアームが付いていませんでした。ローバックタイプとハイバックタイプがあるので、場面に合わせたオックスフォードチェアを選べます。
  • Grand Prix グランプリチェア

    Grand Prix

    グランプリチェア

  • Ro sofa ロオソファ

    Ro sofa

    ロオソファ

  • China chair チャイナチェア

    China chair

    チャイナチェア

  • Lissoni sofa リッソーニソファ

    Lissoni sofa

    リッソーニソファ

  • Sammen サメンチェア

    Sammen

    サメンチェア

  • PK61 コーヒーテーブル

    PK61

    コーヒーテーブル

  • NAP ナップチェア

    NAP

    ナップチェア

  • PAIR ペアチェア

    PAIR

    ペアチェア

  • PK51 テーブル

    PK51

    テーブル

  • Lily リリーチェア

    Lily

    リリーチェア

  • RIN リンチェア

    RIN

    リンチェア

  • Lune ルネソファ

    Lune

    ルネソファ

チェア

  • セブンチェア(Series 7)
  • N01
  • ドロップチェア(Drop)
  • アントチェア・アリンコチェア(Ant)
  • オックスフォードチェア(Oxford)
  • ペアチェア(Pair)
  • グランプリチェア(Grand Prix)
  • サメンチェア(Sammen)
  • リリーチェア(Lily)
  • リンチェア(Rin)
  • PK8
  • ナップチェア(Nap)
  • PK91
  • チャイナチェア(China chair)
  • PK33
  • PK11
  • PK9
  • エッグチェア(Egg)
  • ミナスキュール(minuscule)
  • スペースチェア(Space)
  • PK25
  • PK31
  • PK22
  • PK20
  • ロオチェア(Ro)
  • PK24
  • フリチェア(Fri)
  • スワンチェア(Swan)
  • ポットチェア(Pot)
  • オクセン(Oksen)
  • VIA57

ソファ

  • ロオソファ(Ro)
  • ルネソファ(Lune)
  • ファウンソファ(Favn)
  • PK80
  • リッソーニソファ(Lissoni)
  • PK31
  • スワンソファ(Swan)
  • アルファベットソファ(Alphabet)
  • 3300シリーズソファ(Series 3300)

テーブル

  • グランプリテーブル(Grand Prix)
  • スーパー楕円テーブル(Super-Elliptical)
  • 円テーブル(Circular)
  • コーヒーテーブル(Coffee Table)
  • バーテーブル(Bar Table)
  • プルラリステーブル(Pluralis)
  • エッセイテーブル(Essay)
  • アナログテーブル(Analog)
  • PK54
  • PK54A
  • PK51
  • PK55
  • PK58
  • PK61
  • PK61A
  • PK62
  • PK63A
  • PK65
  • ジョインテーブル(Join)
  • PK71
  • リトルフレンドテーブル(Little Friend)
  • コーヒーテーブルシリーズ(Coffee Table series)
  • スペーステーブル(Space)
  • トレイテーブル(Tray)

フリッツハンセンについて

What’s Fritz Hansen

フリッツハンセンは1872年に、家具職人だったフリッツ・ハンセンによってデンマークに立ち上げられました。
最初は小さな会社でしたが、現在では200名近い従業員数で、世界中にショールームも展開しています。
作品はほとんど、アルネ・ヤコブセンを始めとした、ピエロ・リッソーニ、キャスパー・サルト、
ハイメ・アジョン、ポール・ケアホルムなどの有名デザイナーが設計に携わっています。

フリッツハンセンの家具は最新の技術を取り入れた、個性的で革新的なところが特徴です。
シンプルなつくりの中にも繊細さや、他の家具には感じられない存在感などがあって、
名作家具のアイコンのような存在の作品も数多くあります。
デザイン性以外にも素材の質や出来上がりにも厳しい基準と強いこだわりを持っています。

出来上がった家具はチェック専門の従業員がくまなく検査するそうです。
機械で一斉に製造して、検査する家具よりも、何倍も精密で精巧な家具の秘訣は、ここにあります。
フリッツハンセンの人気から、現在ではコピー製品も多く出回っているそうです。
対策としてフリッツハンセン独自の機械で、赤いラベルを製品に張り付けているので、ラベルで簡単に判断することが可能になっています。

フリッツハンセンのデザイナー一覧

Fritz Hansen Designer list

アルネ・ヤコブセン

Arne Jacobsen

アルネ・ヤコブセンは1902年から1971年まで活躍した、北欧デザインの代表的存在のデザイナーです。生まれはデンマークのコペンハーゲンで、王立芸術アカデミーを卒業しています。その後、ポール・ホルソ建築事務所で働き始めましたが、間もなく退社して、自分の事務所を立ち上げました。1952年には誰もが知っているアントチェア、1955年にはセブンチェアを発表しています。これらのチェアはSASロイヤルホテルのために作られたと言われています。

ハンス・J・ウェグナー

Hans J. Wegner

デンマーク生まれの建築家、兼デザイナーです。フリッツハンセンではチャイナチェアの制作に携わっています。ハンス・J・ウェグナーは見た目の美しさ、クラフツマンシップ、座りやすさを大切に、家具を作りました。建築家であり、家具マイスターの資格も持っていたので、機能性や耐久性も追求した、長く使える家具を作ることが出来ました。 

ハイメ・アジョン

Jaime Hayon

1974年マドリット生まれのデザイナーで、ルネやロオ、サメンチェア、フリチェアなどのデザインをしました。家具デザイン以外にもプロダクトデザインや彫刻も制作しています。有名な賞も数多く獲得していて、とある雑誌ではここ10年で一番影響力のあるアーティストとしても選ばれている、実力の持ち主です。

ピエロ・リッソーニ

Piero Lissoni

リッソーニソファとアルファベットソファの生みの親がピエロ・リッソーニです。イタリアのミラノに生まれたピエロ・リッソーニは家具デザインはもちろん、ロゴやプロダクトデザイン、グラフィックデザインと幅広く活躍しています。本質的でシンプルをポリシーにしていて、生み出される家具はどんな場面でも使いやすい、置きやすい強みがあります。

ポール・ケアホルム

Poul Kjærholm

1929年から1980年に活躍したデザイナーで、フリッツハンセンではPKシリーズを残しました。ポール・ケアホルムが活躍していた時代では家具の素材として主流ではなかったスチールを、積極的に家具に採用しました。フリッツハンセンではわずか一年ほどしか所属していませんでしたが、今でも人気のある傑作を多く作りました。
  • アルネ・ヤコブセン(Arne Jacobsen)
  • アイアユ(aiayu)
  • アンネ・クヴィスト(Anne Qvist)
  • オーガスト・サンドグレン(August Sandgren)
  • ベンジャミン・ヒューバート(Benjamin Hubert)
  • ボーディル・ケア(Bodil Kjaer)
  • ブルーノ・マテソン(Bruno Mathsson)
  • セシリエ・マンツ(Cecilie Manz)
  • クリスチャン・デル(Christian Dell)
  • フォルムフヨード(Formfjord)
  • フリッツ・ハンセン(Fritz Hansen)
  • ガムフラテーシ(GamFratesi)
  • ハンス・J・ウェグナー(Hans J. Wegner)
  • ハンス・サンガイン・ヤコブセン(Hans Sandgren Jakobsen)
  • ヘニング・ラーセン(Henning Larsen)
  • 紺野 弘通(Hiromichi Konno)
  • ハルガー(Hulger)
  • イスコス-ベルリン(IskosBerlin)
  • ハイメ・アジョン(Jaime Hayon)
  • イエス+ラウブ(Jehs + Laub)
  • ヨー・ハーマボー(Jo Hammerborg)
  • ヨーン・ウツソン(Jørn Utzon)
  • キャスパー・サルト(Kasper Salto)
  • キビシ(KiBiSi)
  • コンプロット デザイン(Komplot Design)
  • ミア・ラガーマン(Mia Lagerman)
  • ミカエル・ヒェーチェン(Michael Geertsen)
  • モニカ・フォルステル(Monica Förster)
  • モーテン・ヴォス(Morten Voss)
  • ネンド(nendo)
  • ニコライ・ウィグ・ハンセン(Nicholai Wiig Hansen)
  • ピエロ・リッソーニ(Piero Lissoni)
  • ピート・ハイン(Piet Hein)
  • ポール・ケアホルム(Poul Kjærholm)
  • サルト&シスゴー(Kasper Salto & Thomas Sigsgaard)
  • シセ・ヴェアナー(Sidse Werner)
  • スタジオ ロソ(Studio Roso)
  • ウェンズデイ・アーキテクチャー(Wednesday Architecture)

サイトマップ